増加傾向

雇用形態は明治時代から引き抜き等によって、職人の転職が活発でしたが終身雇用は大正時代頃から、一般的となっていた企業と職種もあります。
第二次大戦後は終身雇用が、日本企業の特徴のひとつですが必ずしも中小企業は終身雇用が定着していたわけではなく、特に転職は若年層において一般的に行われていました。
企業において中堅クラスの規模は、出版とホテルと医療と外食と産業などに従事して現在に至るまで、専門職労働者は転職率が高いです。
その後の大企業においてバブル崩壊以降は、終身雇用をとりつづけることは止め従業員を状況に応じて、それなりの数を解雇する企業が増えたため転職は増加傾向にあります。
総務省でわアメリカに比べれば、転職がキャリアアップのチャンスととらて日本では労働移動率は依然として、低くて雇用が流動化してきていると言われているが、ヨーロッパ諸国は長期雇用の伝統が残りそれに近く転職率については、転職希望及び実際の職種ごと大きな差異があります。

一度きりの人生だから

ひとつの職場でずっと仕事をしていく、それは立派な事だと思います。
ですが、途中で職場を変えて頑張っていくのも、また立派な事だと思っています。
私は転職することは重要だと思っています。
実は私も転職をしたことがあります。
そこで感じたのは、充実感と、あとは、それまでの職場との違いです。
職場が違えば雰囲気も、内容も違う、それは当たり前のことなのですが、私は転職を通じて、いろいろな事を知ることが出来ました。
私の場合は全く違う業種に変わったわけではないので、それまでの経験や知識、資格も十分に生かして仕事をすることが出来ました。
また、転職をしたからこそ、新たな資格を取得する気にもなったし、頑張る気にもなったといえます。
絶対に転職をしなければならないとは全く思っていませんが、いろいろな事を知ったりする上でも、転職は意味があると思います。
勿論、すべてが成功とはいえないかもしれません。
ただ、転職を通じて何かを学ぶことが出来ると思うのです。
一度きりの人生だからこそ、仕事に関してもさまざまな経験をするのは重要だと思っています。