再就職活動実行中!

転職などする気もなければ、デフレ不況の昨今、世間様で騒がれてる困難な中高年の再雇用、再就職などTV、新聞の中の話し、自分には関係ないとつい先日まで思っていたのに、突然の!勤め先の破産倒産宣告。
奈落の底に落とされた気分でしたが、気を取り直して今はハローワークで再就職、仕事探しを開始しており、これを機に転職しようか?とも考えている次第。
今までやっていた仕事の方が慣れているので良いとも思うのですが、それは最後にとっておこう。
どうせならこれを機に転職を前提に探してみよう。
自分の他の可能性を少し探してみようと、まず思い今、仕事を探している最中。
不謹慎かもしれませんが、当面は失業手当も受給できるので(会社都合により、即!支給されました)実は転職、就職活動を楽しんでます。
色々な仕事が世の中にはあるんだなと、今迄とは違う世界を知り、面白がっております。
現実は厳しいのは重々承知。
これも社会勉強と思い、又、前向きにポジティブに考えないと、やりきれない気持ちもあるので、楽しんで転職活動を今やっている私は中年、いや、既に初老に足を踏み込んでいる男でございます。

息子の体験

私の息子は、今30歳過ぎたところですが、人生の半分をアメリカで過ごしてきたせいか、就職したのは、全て外資系の企業です。
すべてと書きましたのは、大学を卒業してまだ7年しか経過していませんが、今の企業で3社目です。
最初の入社は正式に、自分が希望して試験を受けて入社しましたが、2社目の入社は、よく言われる、ヘッドハンティングです。
それも同じような外資系の企業からのスカウトでした。
これでようやく落ち着いて、仕事をしてくれるだろうと安心していましたが、何とその3年後にまたもや、同じような業界のしかもまた、外資系の企業からのスカウトでした。
確かにソフトウエアを企業の主たる事業にしている企業は、此のようなスカウトが多く、そのために転職も多いとは聞いていましたが、こんなに多いとは思いもしませんでした。
今回の企業は本社がアメリカなので、1年に何回かアメリカ出張があり、大変な忙しさですが、本人は全く気にせず働いています。
しかし親としては、あまり転職しないで、落ち着いて働いてもらいたいと思っています。